青山様(千葉県・男性・41才)の口コミ情報です

春は引越しシーズンですが、一年を通して転居の必要性は思わぬ理由で出てくる事もあります。特に今まであまり転居の経験など無かったり、はじめての一人暮らしをする学生さんなどは、そもそも引越しってどうすればいいのか?また引越し業者はどう選定すればいいのか分からないなんて方も多いのではないでしょうか。そこでここではまず引越しの要とも言える引越し業者の上手な選び方について見て行きたいと思います。

まず引越し業者を先に決めるのはあまり良い方法ではないかも知れません。
もちろん以前から懇意にしている業者さんがいたり、友人知人の紹介があれば別ですが、どんな引越しなのか、そもそもその中身から逆算して業者を決めるのは大事な事です。
特に引越しの規模にあった金額での実施と、的確な人員を必要な期日に揃えてもらって、ちゃんと現地で作業してもらう必要があります。引越しの見積もり費用が安くても人員が少なかったり、トラックが荷物よりも小さかったりしたら荷物が乗り切らない、別に車両を急遽手配しなければならないなんて事になりかねません。
もちろんこのあたりの「どのような引越しをするか」といった点できちんと予約の段階でコミュニケーションをとれる業者さんを選ぶというのは大事な基準になると思います。

しかし事前にだいたいの荷物の量の把握とかけられる予算についてはきちんと自分なりの数字を出しておくべきでしょう。そうすれば業者との交渉の際にもどういった金額でどのプランでお願いするかの大事な足掛かりになります。
このあたりで大枠の引越しの規模や予算について自分なりのイメージを持っていないと、場合によっては業者に押し切られる事も充分にあり得ます。
たとえば一人暮らしを始める学生さんで引越し先が6畳間の場合は、標準的な荷物の量であれば、軽トラックとドライバーさん件お手伝いさん一人でもなんとかなる場合が多いと思います(この場合は本人も荷物を上げ下ろしする必要があります)。
これが荷物の量が多かったり、引越し先が二部屋以上となると軽トラックのフランチャイズの業者さんではまなかいきれない可能性があるでしょう。

いずれにしろ、信頼できる業者さんに、事前にしっかりと予算などをもとに金額を確定させた上で交渉する事が大事になってきます。